ハムスターとライオンの、面白くなき世を面白く

しばらくは、"作曲関連"と、"仮想通貨・ブロックチェーン関連"の内容になりそうです

"DAO(自律分散型組織)"と本日の作曲【その1】

ライオンくん、DAOって知ってる?

知るわけないやん。

そみませんでした・・・; つまりですね、「Distributed Autonomous Organization (自律分散組織)」略してDAOなんだけど、もう経営者・管理者は不要になるという、極端に言えばそういう話なんですよ

うむ、何を言っているのかわからんのう。

わかったよう。君ならこの図を見ればなんとなくわかるでしょ?

<DAOとは>

f:id:shoshosho111:20170625093011p:plain

agora-web.jp

 

ハイハイ、ブロックチェーン的なやつだね。

そうそう。上のは2014年の記事だけど、数年後には世の中にも広まっているかも

なるほど、感化されちゃったわけだね。

なんか今日は突っ込むね。言うとおりだけど。上の記事は本当にわかりやすく書かれていて良いね。

確かに、DAOマトリクスもわかりやすいね。

f:id:shoshosho111:20170625094317p:plain

①人間が中心・管理者、 まわりを人間が取り囲む → いままでの組織

②契約や自動化が中心・管理者、 まわりを人間が取り囲む → 自律分散組織(DAO)

③人間が中心・管理者、 まわりを機械が取り囲む → オートメーション、ロボット、自動化ライン

④契約や自動化が中心・管理者、 まわりを機械が取り囲む → AI

簡単にいうと、①を賢いひとにより導かれてうまくやろうというのが従来の考え方、③がグーグルの方向性、④はまだない。ビットコインやインターネットは②。

 

じゃあ、《本日の作曲》行こうか。

この曲は一番最初に作った曲だね。ジャンルレスなメロディアスを作りたいと思って、作ってきた中では今のところ、最も挑戦的な曲かもしれない。

<本日の作曲:未だ幼き絵画(イントロ〜Aメロ前半)>

www.youtube.com

  

まだまだ未熟な曲ですが、以下は作曲のラインナップです。

少しずつ作曲した曲を切り分けてアップロードしています。

ラインナップを徐々に増やしていきます〜

showying-art.hatenablog.com

 

Pawoo Musicに登録してみました

ライオンくん、「Pawoo Music」って知ってる?

知ってる!最近リリースした作曲系のインスタンス(SNS)でしょ?

そう、登録してみたんだよね〜。これ、僕らのページ

<Showying ArtのPawoo Musicアカウント>

music.pawoo.net

 

Pawoo Musicユーザの方は、ぜひ相互フォローしましょう!

いいね!作曲家のコミュニティって、なかなかないから面白いと思う!

ちなみに最近、YouTubeにも投稿し始めたんだよね。今年中にいくつアップロードできるか楽しみだね〜

 

youtu.be

 

<Showying ArtのYouTubeチャンネル>

www.youtube.com

 

色々更新していこう!

そうだね!

HPを作る

ライオンくん、そういえば、ホームページができたんだよね?

ああ、そうそう、作ったね。これね。

<Showying ArtのHP>

https://www.showying-art.com/

 

これから少しずつ曲もアウトプットしてみたいから、HPも必要だね。

そうだね、どうやっていいかまだよくわからないけど、とりあえずやりながら考えてみよう!

年初に考えた目標で、1〜3月は作曲の勘を取り戻し、DAWシステムの使い方を勉強する時間にして、4〜5月はコンテストに応募してみる曲の制作、5月からはアウトプット準備ということで、一応その流れだよね?

まあ地道にそうだね〜。でも今の時代、何か別の方法も色々模索してみると、意外とやり方は色々あるのかもしれないね!色々調べて、試しにやってみようよ!

良いね!何か探してみるよ!

100日、1000日単位で節目を創る

ライオンくん、今から1000日前っていつ頃だと思う?

え?そうだね、2013・・・いや、2014年あたりかな?

僕の友人で、毎日日数をカウントしている友人がいてね、1000日単位でカウントしているんだけど、昨日ちょうど1000日目だったんだよ。

それはすごいね・・・。2014年から毎日かあ。

まあその友人は2011年から行なっているから、すでに2000日カウントしているんだけどね。ちなみに、今からカウントすると、ちょうど2020年のオリンピックの年が1000日後なんだよ。

2014年9月から今までと、今から2020年の3月がちょうど1000日なんだね。2014年って最近な気がするから、割とすぐ2020年なのかも・・・

そうだね。ちなみに、今日、実は大学卒業からちょうど3000日目なんだよ。すごい区切りだよね。

そうか!そう考えると、記念日とか1年単位で同じ日だけど、日数区切りで考えると、節目をところどころに創り出すことができるんだね。

うん。何気なく過ごしている日々も、実は節目だと言える日になりうるんだ。そういう捉え方をすると。なかなか面白いよね。

なるほど!100日単位くらいで節目を創っていくと良い気分転換になりそうだね!

個人が強くなる!

やあ、ライオンくん。何か面白い話はないかな?

そうだね、そう言えば最近、面白い動画を紹介してもらったなあ。与沢翼っていう人の動画なんだけど、これからの世界観をよく捉えているなあと思ったね〜。世間的には怪しい人って印象みたいだけど、けっこう面白いことを言っているよ。

これなんだけど →動画:インターネットディバイド - YouTube

へえ、どんな内容なの?

簡単に言うとね、「これからは個人が強くなる。少なくとも、ヘタな企業よりは強くなる」っていうことを言っている動画だね。

ちょこちょこインフルエンサーとかよく聞くもんね。

そうだね〜。でも、どうやらメディアなどで著名なわけではない、無名の強い個人がどんどん台頭してくる時代っていうのが本筋かな。まずは、その主張の背景をまとめると、次のようなことを言っていたね。

<インターネット・ディバイドの背景>

 

・インターネットによる爆発的な変化は、むしろ"これから"加速する

・体感では2003年から現在までと比較して、今後5年は3〜5倍くらいの速度ではないか?

・その背景には、インターネットサービスプレイヤーの急速な成長(魅力的なサービス)と、ユーザの数とリテラシーの急速な成長(アクティブ率・依存時間・リテラシー)がある。

・過去に比較して現在は、著名ではない個人が膨大なフォロワーを集めている点が興味深い。

・ブログ、twitterFacebookYouTube、などではファンを持たない人でも、Instagramでは多量のフォロワーを集めているなど、著名だから全てのアカウントで人気というわけではなく、それぞれの独立した世界観の中で人気者が分かれてきている。つまり、ネットの世界が分かれ、まるで独立した"国"を作っているかのようだ。

・フォロワーの増え方は、それぞれの世界で人気者になっていく人たちの速度が複利のごとく、早くなっている

なるほど、確かに体感でもそんな感じはするよね。

まあ背景はなんとなく共有できると思う。では、どのように強い個人が出てくるのか、その特徴は次のように言っているね。

<方法論の拡大と、組織に勝つ個人>

 

・ネットで物を売る、シェアする、動画配信するなどの方法の種類は飛躍的に増えてきており、年々高度になっている。

・これを使いこなす個人が怖いほどどんどん強くなる。

並みの中小企業は、強い個人に勝てなくなる

・マザーズ上場くらいの規模の会社よりも強い個人が出てきてもおかしくない。

・ではどういう個人が組織に勝つ個人なのか

トーク能力/クリエイティブ能力/ユーモア/ライティングセンス/思考力/表現力/発信力/企画力など、人としての根源的なスキルの高い人間。

・動画・写真・プログラミング・アート・音楽に関する技術も貢献。

・全体からすればごく一部の突出した者に限られる。

なるほど、ちょっと胡散臭いと言っては失礼だけど、ブロガーとかYouTuberも、実はこの流れの先端にいると言ってもいいわけだね。いわゆる個人メディアみたいなのをみんなが意識した方が良い時代になってきたわけだ。

その通りだね。さらに、僕はそうした"売る力"に加えて"しっかりしたコンテンツ(アートやサービス)"があると、より強いんじゃないかと思ってるんだ。

むしろコンテンツよりの強い個人と、売る力の強い個人がコラボレーションして、サービサーと販売チャネルみたいな関係になってもおかしくないかもね。

そうだね。強い個人同士の関係のバリエーションも増えていくだろうね〜。ちなみに、今後の世界観について、動画では以下のように言っていたよ。

<変わる世界観>

 

・経済やマーケットの観点では、仮想通貨などの出現により従来の国家が発行するフィアット通貨のような力を仮想通貨が持った時、これまでの国という概念を超えて通用する通貨が生まれ、それにより例えば仮想空間の中で新しい国家の枠組みが再構築されるかもしれない。

・つまり、従来の境目や仕組みとは異なる境界や国のような概念が生まれる可能性がある。

・このような中で強い個人の時代がくれば、会社に勤めて没個性になる者と個性を活かす者との間で著しい格差が生まれるのである。

・もしもこの速度でオンラインにマネーが流れたら、資産の定義すらも変わるかもしれない。

・昨今の例を挙げれば中国では女子がライブ配信をして年収5億とかもざらにいる。

YouTubeやlivemeのようなサービスがそれを促進する。

・VALUのような新興サービスは個人を株式のように見立て、ビットコインを決済通貨として売買・資金調達を可能にしている。

・銀行や証券会社などを中抜けし、ロングテールのような小さなマネーが自由に意志を持って動き出し、新しい経済圏を生み出していく。

なんだか耳が痛い話だね、会社勤めとしては。つまり、いろんなルールが変わりうる世界がすぐそこにきているから、新しいスキルやリテラシーが必要だよっていうことだよね。

同意見だね。この世界観はサラリーマンじゃあにわかに信じられない話だけどね。ただ、サラリーマンでも浮いちゃってる変わり者はピンときたりしているかもね。ちなみに、動画は下記のリンク先だから参考に貼っておくね。

ありがとう!また色々話そう!

動画:インターネットディバイド - YouTube

 

時代が動く?

やあ、ライオンくん。君は確か作曲をしていたよね?

うん。しているよ、ハムスターくん。それがどうかしたの?

いやあ、たぶん君にも関係があると思うんだけどさ、面白いものを最近知ったんだよ。

なにそれ?聞きたいなあ〜! 教えてくれる?

うん、簡単に言うとさ、もしかしたら時代が大きく動くかもしれないってことなんだ。

ハハ、ずいぶん大きく出たねえ(笑)

いや、それがそうでもないかもしれないんだ。 あとで紹介する動画を見れば、君も少し理解してくれるんじゃないかと思う。つまり、ブロックチェーンによって生まれる世界が、様々な業界を変える可能性があると知ったんだ。

?? いきなり難しいことを言うね。最も簡単に言うとどういうこと?

コンテンツにルールを書ける、ということかな。そして全ての人が、そのルールに従い、コンテンツを利用できるようになる。例えば音楽なら、一般の人が視聴するだけなら無料だけど、動画制作や映画に音楽を使うとしたら●●円、という感じで、コンテンツにルールを書けるんだ。

そのルールって本当に守られるの?

守られる。なぜなら、最近ビットコインなどの仮想通貨が話題になっているよね?金融庁も仮想通貨を貨幣として認めている。 実は、その仮想通貨もブロックチェーンの仕組みを使って信用を維持している。それほどのものなんだよ、ブロックチェーンとは。

それはすごそうだ・・・。音楽業界もアーティスト、いや、音楽そのものが主役になれるってことだね。ショービジネスではなく、また音楽そのものがビジネスになる時代が来るかもしれないということか。

その通り。まあ僕はそんなに詳しいわけでもないから、参考になる動画を貼っておくよ。TEDのプレゼン動画だけどね!

www.ted.com

ありがとう!今日は楽しかったよ!

本日の作曲(アーカイブ)

 

 

《本日の作曲【その1】 2017.6.27》

 曲名:未だ幼き絵画(イントロ〜A前半)

www.youtube.com