ハムスターとライオンの、面白くなき世を面白く

しばらくは、"作曲関連"と、"仮想通貨・ブロックチェーン関連"の内容になりそうです

"物語時代"と《本日の作曲【その7】》

ライオンくん、前回の"知の余剰"、人間が持て余している、"余剰の時間"について、考えてきた?

うん。これから増えるであろう余剰時間に、人々は何をするだろうかっていう話だよね?

そう。僕は、投資の観点から考えた。エンターテイメントの一つとして、投資がバリエーションを増やすんじゃないかと。

それはどういうこと?

例えば、面白いことを始める人がいたとする。それに人々は小銭を投資して、その面白い人の物語を楽しみつつ、投資によって自分も参加する楽しみを得るんだ。

クラウドファンディングみたいだね。

その通り。実際に、クラウドファンディングとか、FUNDINNOみたいな未上場投資とか、VALUみたいな個人の上場への投資とか、様々な投資のバリエーションが増えてきている。少額で気軽で身近な投資が増えてきている。もうそういう楽しみ方を実践している人もいるんだ。

マネーのさらなる効率化、それをより一般層へと広げるエンターテイメント化することで実現するってことだね。

うまくまとめてくれたね。その通りだよ。これからは人々は余剰の時間に小銭で物語へ投資する。これが僕の答えかな。

面白いね。じゃあ、僕が考えてきたことを言うよ。僕は、人々は「自分の物語を充実する」ことに時間を使うんじゃないかと考えた。「他者の物語に投資する」というのがハムスターくんの考えなら、僕は「自分の物語を育てる」っていう視点かな。

なるほど。例えばどんなイメージかな?

現在でいうと、参加型のコミュニティってあるでしょ?PeatixとかMeetupみたいな。ああいった参加型のコミュニティは、個人の趣味趣向に近い人たちが集まる。自分の趣味に近い人が周りにいなくても、遠くにいる趣味が近い人と繋がりやすくなっている。昔に比べれば趣味を拡大しやすくなっているんだ。

そうだね。それが今後拡大されると?

僕はそう考えている。コミュニティの中身はmixiの頃からそこまで育っている印象はないけど、コミュニティのサービスと種類は圧倒的に増えたと思う。これからは、コミュニティのストーリーを充実させる方向に舵を切る流れがあってもおかしくない。例えばコンテストのようなイベント・目標をコミュニティサイトで開催し、コミュニティの各チームはそれを目指す。そういう目指すところを設けることで、ストーリーが育つんじゃないかと思ってる。

面白そうだね。僕らの考えに共通しているのは、「物語」という概念だ。これまでは、「物語」の種類はそんなに多くなかった。人々のライフスタイルは学校に行って就職して結婚して子供が生まれて退職して年金暮らしというストーリー軸を中心としていたけど、それ以外にもたくさんのストーリー軸が生まれていくんだ。

お互いのストーリーに投資し合い、それぞれはストーリーを育てて充実させる

面白くなりそうだね!

 

じゃあ、《本日の作曲》行こうか。

昨日の続きとしての、今日のサビへの展開は、雨を振り払って虹をかけるイメージ(?)で書いた。

抑揚表現は弱いけど、このメロディーを軸に、これからだね!

<本日の作曲:雨と確立(A後半〜サビ)>

www.youtube.com

 

まだまだ未熟な曲(いずれリメイクしたい)ですが、以下は作曲のラインナップです。

少しずつ作曲した曲を切り分けてアップロードしています。

ラインナップを徐々に増やしていきます〜

showying-art.hatenablog.com